• ??????

遠藤彩香 郡山

細部
作成した 29.05.2020
著者: Goro
ビュー: 448

評価:  5 / 5

スターはアクティブです
 

中学生のときに雑誌でセックス・ピストルズを見て、恰好を真似したりしていたんです。ボンデージ・パンツとか穿いて。彼らの音楽を聴いたのはそのあとで————それまではずっと吹奏楽でクラリネットをやってて、クラシックばっかりだったんですけど————さらに衝撃を受けました。それで、はじめは男の子のスタイルに憧れていて、それからパティ・スミスを知って「ああ、こんな素敵な女性もいるんだ!」と思ったんです。それが自分の今の仕事の原動力になっているところもあるので、『ROCK SEEN』を見ると「宝物がいっぱいある!」という風に感じますね。. ボブ・グルーエンと会ってて思ったのは、「あ、この人はきっといい写真撮るな」ということ。なぜかというと、人あたりがいいんですね彼は。人と接しているときの空気がいい感じになる。これはとても重要なことだと思います。ミック・ロックみたいに自己主張の強い写真家もいますが(笑)、ボブは撮影するときも自分の存在感を消して、ここぞという瞬間を逃さずスッと撮る、みたいなところがあるんじゃないでしょうか。彼の写真の奥からは、そんな撮影の雰囲気も感じられます。 (インタビュー&テキスト 青野賢一).

ステージ上でもオフ・ショットでも、アーティストの人としての瞬間が切り取られた写真だと思うので、それを見られるのは貴重ですよね。ファッションもその時代にしかない、当時の彼らが作ったスタイルを知ることができる機会じゃないでしょうか。ファッションを好きな若い人たちがこの展示を通じて「こういうのがベースで今のスタイルがあるのか」と知ってもらえればもっとファッションも楽しく、深いものになるんじゃないかな。最近はストリートからインスピレーションを得て服を選んでいる人も多いと思うんですけど、私の頃は憧れの人がいて、その人に近づきたい、その人のスタイルになりたいと、今ほど情報のない中、雑誌や写真集なんかをいろいろ調べていたんですね。だから服が好きな人たちに、そんな風にして自分で感じ、そして調べることも楽しみが増えていいものだよ! と伝わったらな、と思います。ボブの写真はミュージシャンのエネルギーだけじゃなくて、その表情からちょっとキュンとくるところも私にはあって、みんな全然違う人たちなのに不思議と統一感というか共通しているものがありますよね。それぞれの写真から、前後の動きやフレームの外の気配が感じられるのも独特で、そのあたりを想像しながら見るのも面白いと思います。 (インタビュー&テキスト 青野賢一).

キングなど————を含め、写真集や展覧会に写真が使われているミュージシャンたちは、みんな新しい時代を作った人たちで、常に一歩先を行ってたんだ。それも計算しているわけじゃなく、好きなことをやったらそうなってた。つまり一種の化学反応だと思うんだ。それを写したボブの写真を、日本中の音楽が好きな人たちみんなにとにかく見にきてもらいたいんだよ。写真集買わなくてもいいからさ。まぁお金に余裕があれば買ってほしいけど(笑)。 (インタビュー&テキスト 青野賢一).

今年も奢らず焦らず、少しづつ努力して進んでいきましょう。 稽古初めは1月7日(水)から、11日(日)は白河道場の大行事である餅つき・稽古です。家族揃って大勢で参加して下さい。. あらゆるミュージシャンから信頼される男 「ミュージシャンから信頼されているフォトグラファー」というイメージがものすごく強い。彼の撮った写真を見てもらえればわかるんだけど、こんなカメラポジションで撮れるなんてありえないんだよね。60年代、70年代の混沌とした時代に。たとえば『ROCK SEEN』の中のチャック・ベリーの写真。あれだけ接写できるなんてなかなかない。それから亡くなる前のプレスリー、70年代のストーンズの写真、ツェッペリンの写真……あらゆるミュージシャンから信頼されていたからこそ、あんないい写真を撮ることができたんだろうね。ボブは本当に音楽が好きで、お金を稼ぐために撮ってるという感じがしないんだ。それで、彼は写真を撮るためにどこへでも行くんだよね。人との付き合いをとても大事にしているよ。.

GRAPEVINEの田中和将が感じるボブ・グルーエンの魅力 「ニューヨークそのものを切り取ったような写真」 ロックの歴史が詰まっているといっても過言ではない 僕は写真やアートなど音楽以外のことは明るくなくて、ボブ・グルーエンの名前もこれまであんまり意識してこなかったのですが、写真集『ROCK SEEN』を見てみると、知ってる写真がいっぱいあることに驚きます。ジョン・レノンの写真はもちろん、僕らが通ってきたビートルズ、ストーンズをはじめロックの歴史が詰まっているといっても過言ではないですね。そうした人たちから最近の人たちまでカバーしていて、改めてすごいなと思いましたね。エルヴィスやリトル・リチャード、マディ・ウォーターズまで入っているのはなかなかないですよね。.

日本版はフジロック特別仕様で発売 最初はこれだけを出す気持ちだったんだ。音楽を好きな人たちにこれは絶対見てもらわないと!ってね。これが大本なんだから、まずはこれありき。さらにボブがフジロックのいろんな写真を撮ってるから、そこに加えればもっと面白くなるんじゃないかと思った。いい写真家、いいミュージシャンは……感性だよね。例えばAとBという写真家がいたとしたら、Aは見た瞬間にピン!ときて何かを撮るけど、Bはただ漠然と撮って大事なものを見逃すかもしれない。ボブはその辺の感性がメチャクチャある。だからこれだけの写真が撮れたし、これだけの写真が撮れるポジションにいける信頼関係をアーティストと持ったと思うんだ。. 鋤田正義 年、福岡県生まれ。ドキュメンタリーから広告、映画、音楽まで幅広く活動。代表的な写真集にD.

----  . 6070ROCK SEEN70……. ……KUMI  ? T……ROCK SEEN.

白河道場恒例の鏡開き行事「稽古・餅つき会」を 年1月10日 日) ~(稽古) に行います。例年名以上の参加者がある白河道場最大の行事です。最近ではこの様な行事でなければ杵と臼を使った餅つきに触れる機会も少なくなってきました。来年も他道場からの参加も予定されていますので、多くの道場生そして是非ご家族でご参加下さい。詳細は こちら 。 (このファイルを閲覧・印刷するには Adobe Reader が必要です。). 今年の道場の夏休みは 8月10日 月 ~8月15日 土 迄となります。 なお、 8月1日 土 もキャンプのために休みとなります。 8月8日 土 はドリームカップですが、現在調整中です。決定次第メルマガにてご案内します。.

福島コンピューターシステム株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

CBGBのアニバーサリー・ライブ 全曲阿久悠さん作詞のアルバム『Rock on Baby』のレコーディングを年にロンドンでやっていたら、東京から電話があったんですよ。娘たちから。「今、CBGBから電話があった」って言うんで、ロンドンからCBGBに電話したら、ちょうどCBGBが25周年だったのかな……12月をアニバーサリー月間としてゆかりのあるバンドに出てもらうという企画で、よかったらシーナ&ザ・ロケッツも出ない? という内容だったんです。「うわぁーっ!」って喜んで、二回目のCBGBでのライブをやることになりました。13枚目のアルバムが出るタイミングだったので「じゃあ12月13日にお願いしたい」とリクエストを出したりして。ボブも喜んでましたね。. スタイリストとして見るロック・ミュージシャン ミュージシャンたちのちょっとした小物づかいやTシャツの質感、羽織りもののサイズ感……いろいろなところをスタイリングの参考にしています。『ROCK SEEN』の中だとたとえばデヴィッド・ボウイのパンツのハイウエスト加減とかタイトなトップスとか、最近はこのあたりを見てますね。あとはパティ・スミスは静かなのに破壊的な、パンクなのにちょっとクラシカルな要素が入っているところが好きです。.

GRAPEVINEの田中和将が感じるボブ・グルーエンの魅力 「ニューヨークそのものを切り取ったような写真」 ロックの歴史が詰まっているといっても過言ではない 僕は写真やアートなど音楽以外のことは明るくなくて、ボブ・グルーエンの名前もこれまであんまり意識してこなかったのですが、写真集『ROCK SEEN』を見てみると、知ってる写真がいっぱいあることに驚きます。ジョン・レノンの写真はもちろん、僕らが通ってきたビートルズ、ストーンズをはじめロックの歴史が詰まっているといっても過言ではないですね。そうした人たちから最近の人たちまでカバーしていて、改めてすごいなと思いましたね。エルヴィスやリトル・リチャード、マディ・ウォーターズまで入っているのはなかなかないですよね。. ボブ・グルーエンと会ってて思ったのは、「あ、この人はきっといい写真撮るな」ということ。なぜかというと、人あたりがいいんですね彼は。人と接しているときの空気がいい感じになる。これはとても重要なことだと思います。ミック・ロックみたいに自己主張の強い写真家もいますが(笑)、ボブは撮影するときも自分の存在感を消して、ここぞという瞬間を逃さずスッと撮る、みたいなところがあるんじゃないでしょうか。彼の写真の奥からは、そんな撮影の雰囲気も感じられます。 (インタビュー&テキスト 青野賢一).

ニューヨーク、ロンドン、東京で流れる同じ空気 僕が音楽の写真を撮り始めるのはウッドストック・フェスティバルの後なんです。それまで音楽だとジャズやなんかの写真は撮っていたんだけど、ある日、新聞にウッドストックの記事が「40万人のアメリカの若者が集合して~」みたいに大きく出ていて、その記事がきっかけで音楽だけではないポップカルチャーが気になるようになりました。それで、ポップカルチャーといえば、ということでアンディ・ウォーホルに行き着いて、年にニューヨークに行き、翌年、雑誌の仕事で再度ニューヨークを訪れたときにはウォーホルにインタビューして撮影もしたし、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのライブも観ましたね。そんな風にニューヨークのポップカルチャーを体験したんですけれど、今になって年前後のことを考えてみると、ロンドンだとたとえばデヴィッド・ボウイが出てきた頃はモッズのちょっと後で、カーナビー・ストリートとか、『ジギー・スターダスト』(年)のジャケットのヘドン・ストリートはカーナビー・ストリートからリージェント・ストリートを越えた向こう側ですけど、そんな風にニューヨークでもロンドンでも東京でも若者の集まる場所があったんだなぁと思います。場所は違えど、同じ空気が流れているというような。ボブ・グルーエンもそんな時代に「CBGB」や「マクシズ・カンザス・シティ」で写真を撮っているわけです。僕も「屋根裏」とか「新宿LOFT」なんかに出入りして、インディ・バンドの写真も撮っていました。ロックってそういうものじゃないですか。有名な出来上がっちゃった人ばかり撮っていても面白くない。今、ボブがここにいたらそのあたりの時代について、いろいろ聞いてみたいですね。.

最高のロック・フォトグラファー=ボブ・グルーエン ロックがわかってて、ロックが好きで、ロックに捧げて一日中ロックのそばにいたい、つまり僕たちと同じ気持ちを持ったカメラマンで、撮る人のありのままの姿、ありのままで最高の瞬間がわかる人なんですよ。それがボブの写真だと思う。ストリート・ロッカーのマインドを持った、最高のロック・フォトグラファーですね。僕は「ロックはナマだぜ」っていつも言ってるけど、ボブの写真からは「ロックは生きている」っていう感じが伝わってくると思います。クラッシュもピストルズもブロンディもパティ・スミスも、大事なロックは全部ここにある。発売される写真集は「音楽が聴こえてくる写真集」。素晴らしい記録であり生き様が刻まれたアートです。 (インタビュー&テキスト 青野賢一). ヴィジュアル版ロック百科事典 70年代あたりのロックを聴いてきた世代にはたまらないと思うんですが、若い人たちが見てもきっと面白い展覧会だと思うんです。どんな世代の人が見ても、同じような気持ちになるんじゃないでしょうか。いい音楽がずっと聴き継がれていくように、こういった写真も受け継がれていってしかるべきだと思いますね。写真集『ROCK SEEN』も、のちのち今の若い人たちにとってもバイブルになり得る写真集だと思います。まさにヴィジュアル版ロック百科事典。家にあったら財産です。 (インタビュー&テキスト 青野賢一).

  • 会津から白河道場に通っていた「週末の管理人」こと、岩本道雄4級が岩手県盛岡市に転勤になりました。 道場行事には欠かせない人物であっただけに寂しい限りですが、きっとこれからも行事には顔を出してくれるでしょう。 新極真会のない岩手県ですが、空手は続けたいとの情熱があるので何処でも何の流派でも頑張って欲しいと思います。. キングなど————を含め、写真集や展覧会に写真が使われているミュージシャンたちは、みんな新しい時代を作った人たちで、常に一歩先を行ってたんだ。それも計算しているわけじゃなく、好きなことをやったらそうなってた。つまり一種の化学反応だと思うんだ。それを写したボブの写真を、日本中の音楽が好きな人たちみんなにとにかく見にきてもらいたいんだよ。写真集買わなくてもいいからさ。まぁお金に余裕があれば買ってほしいけど(笑)。 (インタビュー&テキスト 青野賢一).
  • 僕は写真やアートなど音楽以外のことは明るくなくて、ボブ・グルーエンの名前もこれまであんまり意識してこなかったのですが、写真集『ROCK SEEN』を見てみると、知ってる写真がいっぱいあることに驚きます。ジョン・レノンの写真はもちろん、僕らが通ってきたビートルズ、ストーンズをはじめロックの歴史が詰まっているといっても過言ではないですね。そうした人たちから最近の人たちまでカバーしていて、改めてすごいなと思いましたね。エルヴィスやリトル・リチャード、マディ・ウォーターズまで入っているのはなかなかないですよね。.

70ROCK SEEN  . GRAPEVINE ROCK SEEN. ROCK SEEN. ……KUMI  . --------ROCK SEEN. 1226 15 1225 19 !

福島コンピューターシステム株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

全曲阿久悠さん作詞のアルバム『Rock on Baby』のレコーディングを年にロンドンでやっていたら、東京から電話があったんですよ。娘たちから。「今、CBGBから電話があった」って言うんで、ロンドンからCBGBに電話したら、ちょうどCBGBが25周年だったのかな……12月をアニバーサリー月間としてゆかりのあるバンドに出てもらうという企画で、よかったらシーナ&ザ・ロケッツも出ない? という内容だったんです。「うわぁーっ!」って喜んで、二回目のCBGBでのライブをやることになりました。13枚目のアルバムが出るタイミングだったので「じゃあ12月13日にお願いしたい」とリクエストを出したりして。ボブも喜んでましたね。.

道場生の希望もあり、新年より道場ホールにバリスタコーナーを設置しました。 全てのドリンクを1杯30円(お得なチケットも作りました)でお飲みいただけますので、お気軽にご利用下さい。. 今年もやりますハワイアンズツアー。募集は30名ほどで、募集開始は7月6日 月 からです。詳細は こちら 。 (このファイルを閲覧・印刷するには Adobe Reader が必要です。). ニューヨークの思い出 年にFM雑誌の取材でひとりで初めてニューヨークに行きました。そこで久しぶりにボブに電話して会ったんだけど、ボブはニューヨークで自分が知っているところを全部案内してくれたんです。そのとき思ったのは「次はひとりじゃなくてバンドでニューヨークに帰って来たい!」ということ。ブリーカー・ストリートには色んなバンドのポスターがベタベタ張ってあるんだけど、それを全部シーナ&ザ・ロケッツで埋めたいというのが大きな夢になって、それで年に結成10年を記念してニューヨークでレコーディングすることになったんです。ジャケットの写真はボブにお願いして。そうしたらボブはコーディネーターまでやってくれて、クリス・スペディング(ギター)やアップタウン・ホーンズがゲスト参加することになったり、ヨーコ(・オノ)さんやイギー・ポップがスタジオに遊びにきてくれたりしました。つまりボブのニューヨーク・コネクションで『HAPPY HOUSE』のレコーディングができたんです。そのレコーディングが終わって、「CBGB」と「DRUMS」でライブをやることになったのもボブが話をつけてくれたから。シーナはいつも「ボブは私たちのところに神様が遣わせてくれたロックの使者だね」と言ってました。.

6070ROCK SEEN70……. 40CBGBLOFT. ……KUMI  . ROCK SEEN. 110111.    ! 83O MORIYASU.

ミュージシャンたちのちょっとした小物づかいやTシャツの質感、羽織りもののサイズ感……いろいろなところをスタイリングの参考にしています。『ROCK SEEN』の中だとたとえばデヴィッド・ボウイのパンツのハイウエスト加減とかタイトなトップスとか、最近はこのあたりを見てますね。あとはパティ・スミスは静かなのに破壊的な、パンクなのにちょっとクラシカルな要素が入っているところが好きです。. 中学生のときに雑誌でセックス・ピストルズを見て、恰好を真似したりしていたんです。ボンデージ・パンツとか穿いて。彼らの音楽を聴いたのはそのあとで————それまではずっと吹奏楽でクラリネットをやってて、クラシックばっかりだったんですけど————さらに衝撃を受けました。それで、はじめは男の子のスタイルに憧れていて、それからパティ・スミスを知って「ああ、こんな素敵な女性もいるんだ!」と思ったんです。それが自分の今の仕事の原動力になっているところもあるので、『ROCK SEEN』を見ると「宝物がいっぱいある!」という風に感じますね。.

遠藤彩香 年8月3日宮城県仙台市生まれ。ココ・シャネルと同じしし座のO型。高校卒業後、シューズ平場の販売員からキャリアをスタート。レイ ビームスの販売員、小さなセレクトショップのオデオンの店長兼バイヤー、ラグジュアリー・ブランドの派遣販売員を経て、スタイリストのMORIYASUのアシスタントに。年に独立。. 鋤田正義 年、福岡県生まれ。ドキュメンタリーから広告、映画、音楽まで幅広く活動。代表的な写真集にD.

  • クラプトンだったりツェッペリンだったりボブ・ディランだったり、彼らの音楽を聴いてわたしたちが感動することと同じものが、ボブ・グルーエンの写真からは伝わってくるように思います。いい空気が写真に残っていて、「みんな生きてるなぁ!」って。ミュージシャンが一番かっこいい瞬間、ピュアな瞬間を撮っていて、どの写真を見てもキュンとしますね。わたしたちが撮られる機会があったら……彼だったらいつ撮られてもいい気がします(笑)。演奏していてもそうじゃなくても、変わらず撮ってくれるんじゃないかな。(KUMI) (インタビュー&テキスト 青野賢一).
  • 道場生の希望もあり、新年より道場ホールにバリスタコーナーを設置しました。 全てのドリンクを1杯30円(お得なチケットも作りました)でお飲みいただけますので、お気軽にご利用下さい。.
  • ニューヨーク、ロンドン、東京で流れる同じ空気 僕が音楽の写真を撮り始めるのはウッドストック・フェスティバルの後なんです。それまで音楽だとジャズやなんかの写真は撮っていたんだけど、ある日、新聞にウッドストックの記事が「40万人のアメリカの若者が集合して~」みたいに大きく出ていて、その記事がきっかけで音楽だけではないポップカルチャーが気になるようになりました。それで、ポップカルチャーといえば、ということでアンディ・ウォーホルに行き着いて、年にニューヨークに行き、翌年、雑誌の仕事で再度ニューヨークを訪れたときにはウォーホルにインタビューして撮影もしたし、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのライブも観ましたね。そんな風にニューヨークのポップカルチャーを体験したんですけれど、今になって年前後のことを考えてみると、ロンドンだとたとえばデヴィッド・ボウイが出てきた頃はモッズのちょっと後で、カーナビー・ストリートとか、『ジギー・スターダスト』(年)のジャケットのヘドン・ストリートはカーナビー・ストリートからリージェント・ストリートを越えた向こう側ですけど、そんな風にニューヨークでもロンドンでも東京でも若者の集まる場所があったんだなぁと思います。場所は違えど、同じ空気が流れているというような。ボブ・グルーエンもそんな時代に「CBGB」や「マクシズ・カンザス・シティ」で写真を撮っているわけです。僕も「屋根裏」とか「新宿LOFT」なんかに出入りして、インディ・バンドの写真も撮っていました。ロックってそういうものじゃないですか。有名な出来上がっちゃった人ばかり撮っていても面白くない。今、ボブがここにいたらそのあたりの時代について、いろいろ聞いてみたいですね。.
  • ボブ・グルーエンと会ってて思ったのは、「あ、この人はきっといい写真撮るな」ということ。なぜかというと、人あたりがいいんですね彼は。人と接しているときの空気がいい感じになる。これはとても重要なことだと思います。ミック・ロックみたいに自己主張の強い写真家もいますが(笑)、ボブは撮影するときも自分の存在感を消して、ここぞという瞬間を逃さずスッと撮る、みたいなところがあるんじゃないでしょうか。彼の写真の奥からは、そんな撮影の雰囲気も感じられます。 (インタビュー&テキスト 青野賢一).

70ROCK SEEN  . GRAPEVINE ROCK SEEN. 3076 Adobe Reader. 40CBGBLOFT. SNSCBGB. 110 Adobe Reader !

東北最大級のコミュニティサイト爆サイ.com!相良修太の関連掲示板や関連書き込み一覧です。相良修太についての話は爆サイ.com東北版で!

白河道場恒例の鏡開き行事「餅つき・稽古」が1月11日(日)に行われ、稽古は白河道場生だけでなく県内他道場やお茶の水道場生、 元道場生なども含めた約60名が参加し、廻し蹴り本(?)で締めた。 その後の餅つきは家族を含めた大勢が参加し、美味しい餅をいただき、またまた夜の部まで盛り上がりました。 前日の準備から翌日の片づけまで、多くの皆様のご協力を得て楽しい会を催せたことを感謝いたします。詳細は後日のレポートで。. フジロックと写真集の特別な関係 まずはこのロックンロール・ヒストリー・ブックを、とにかく若い人たちに見てもらいたい。俺たちはこういう時代を過ごしてきたんだ。あなたたちも、こういう時代を過ごしてきた人の影響を受けたミュージシャンの音楽を聴いてるんだよって。ロックンロールのすべてが入ってるから宝物だと思うな。こういうロックシーンがなかったら、フジロックだってなかったよ。俺にとっては自分のルーツみたいなもんだね。50年代の終わりから60年代、今に至るまでいろんないい音楽に巡り会えたのは何物にも代え難いし、それがこういう形で残ってるんだから。.

白河道場恒例の鏡開き行事「稽古・餅つき会」を 年1月10日 日) ~(稽古) に行います。例年名以上の参加者がある白河道場最大の行事です。最近ではこの様な行事でなければ杵と臼を使った餅つきに触れる機会も少なくなってきました。来年も他道場からの参加も予定されていますので、多くの道場生そして是非ご家族でご参加下さい。詳細は こちら 。 (このファイルを閲覧・印刷するには Adobe Reader が必要です。).

……KUMI  .    . JOHN LENNON THE NEW YORK YEARSNAOKI 10KUMI NAOKI.



人気の素材:

タイプミスを見つけましたか? テキストをハイライトして押します Ctrl + Enter.
  1. -
  2. -遠藤彩香 郡山

あなたのレビューを残します

コメントを追加

    0
      03.06.2020 23:19 Suki:
      全曲阿久悠さん作詞のアルバム『Rock on Baby』のレコーディングを年にロンドンでやっていたら、東京から電話があったんですよ。娘たちから。「今、CBGBから電話があった」って言うんで、ロンドンからCBGBに電話したら、ちょうどCBGBが25周年だったのかな……12月をアニバーサリー月間としてゆかりのあるバンドに出てもらうという企画で、よかったらシーナ&ザ・ロケッツも出ない? という内容だったんです。「うわぁーっ!」って喜んで、二回目のCBGBでのライブをやることになりました。13枚目のアルバムが出るタイミングだったので「じゃあ12月13日にお願いしたい」とリクエストを出したりして。ボブも喜んでましたね。. 鋤田正義 年、福岡県生まれ。ドキュメンタリーから広告、映画、音楽まで幅広く活動。代表的な写真集にD.

      04.06.2020 01:18 Botan:
      CBGBのアニバーサリー・ライブ 全曲阿久悠さん作詞のアルバム『Rock on Baby』のレコーディングを年にロンドンでやっていたら、東京から電話があったんですよ。娘たちから。「今、CBGBから電話があった」って言うんで、ロンドンからCBGBに電話したら、ちょうどCBGBが25周年だったのかな……12月をアニバーサリー月間としてゆかりのあるバンドに出てもらうという企画で、よかったらシーナ&ザ・ロケッツも出ない? という内容だったんです。「うわぁーっ!」って喜んで、二回目のCBGBでのライブをやることになりました。13枚目のアルバムが出るタイミングだったので「じゃあ12月13日にお願いしたい」とリクエストを出したりして。ボブも喜んでましたね。.

    ????

    ???