• ??????

マリー アントワネット 名誉 回復

細部
作成した 10.04.2020
著者: Gina
ビュー: 79

評価:  5 / 5

スターはアクティブです
 

エジプト遠征 (年-年) マニラ奇襲 (年1月) 年アイルランド反乱 ( en ) (年5月23日-9月23日) 擬似戦争 (年-年) 農民戦争 ( en ) (年10月12日-12月5日). 遡ること前王の ルイ15世 ()の治世(位)。この時代の王室も負けず劣らずの浪費三昧で、ポンパドゥール公爵夫人()はその代表であった。夫人が没して5年後、デュ=バリー夫人()を寵愛したルイ15世は彼女を公妾にしたが、彼女は男性遍歴が多かったとされ、当時太子ルイ(のちのルイ16世)に嫁いでいたマリ=アントワネットから娼婦呼ばわりされ嫌われた。  ルイ15世はデュ=バリー夫人のこうした心痛を癒そうと、万リーブル(時価億円近く)の首飾りを注文した。個のダイヤモンドが大小にちりばめられたこの首飾りはすぐさま王室御用達の宝石商によって製作された。しかし予期せぬ事態が起こった。ルイ15世が急逝したのである()。このため発注はキャンセルされ、宝石商はこの高額な首飾りの買い手探しに難航していた。  宝石商はマリ=アントワネットに売り込んだ。彼女はダイヤモンドに目がなかったが、元来デュ=バリー夫人に贈る首飾りとして製作されたことがわかると買うのを躊躇し始めた。また万リーブルという高値もネックとなっていたため、宝石商はこの手の高額な商品は王妃となるマリ=アントワネットしか買えないと判断し、営業が破産するのを怖れて、それ以後も売り込みを絶えず行った。しかし直接彼女に説得するのは難しく、仲介を果たしてくれるブローカー的存在を探し続けていった。.

バスティーユ陥落以降、アントワネットが「 友人 」と信じていた人々は次々に去っていったが、フェルセンは残った [46] 。国王一家がパリへ移されてからは、アントワネットにとってフェルセンの政治的重要性が増し、2人は毎日のように会うようになった [46] 。「 恋 」する女にとって、愛しい男の意見に従おうとするのは珍しくない [47] 。アントワネットは彼の政治的意見を最重要視するようになったが、それは君主制にとっていい結果をもたらさなかった [47] 。.

アントワネットは、王妃としての 義務 を果たさなければならぬと強く思ってはいた [12] 。その思いは、王家の威信が危機に瀕するほど、王家の立場が悪くなるほど、一層表現された [13] (生前の彼女はよく、遊び好きで 浪費 家な王妃だと非難されていたが、そのような単なる エゴイスト であるなら、わざわざ革命と対決するという面倒事をした理由を説明できない [12] )。彼女は革命から逃避するよりも、対決することを選んだ [14] 。その「健気」な姿が共感を誘いもしたが、それは必ずしも正確な状況判断に基づいてはいなかった [14] 。. 自然は 清潔 でいい 香り がするもの.

彼らは宮廷を去ったアデライード王女や宮廷を追われたデュ・バリー夫人の居城にしばしば集まっていた。ヴェルサイユ以外の場所、特に パリ ではアントワネットへの 中傷 がひどかった [ 要出典 ] という。多くは流言飛語の類だったが、結果的にこれらの中傷がパリの民衆の憎悪をかき立てることとなった [ 要出典 ] 。. ロナートの戦い ( en ) (年8月3日-4日) カスティリオーネの戦い (年8月5日) タイニンゲンの戦い ( en ) ネレスハイムの戦い ( en ) (年8月11日) アンベルクの戦い ( en ) (年8月24日) ヴュルツブルクの戦い ( en ) (年9月3日) ロヴェレートの戦い ( en ) (年9月4日) 第一次バッサーノの戦い ( en ) (年9月8日) エメンディンゲンの戦い ( en ) (年10月19日) シュリーンゲンの戦い ( en ) (年10月26日) 第二次バッサーノの戦い ( en ) (年11月6日) カッリアーノの戦い ( en ) (年11月6日-7日) アルコレの戦い (年11月15日-17日) アイルランド遠征 (年12月).

この節は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 年9月 ).

16 1. [46] 2 [46] [47] [47]. 113 11415 en 125 417 en 418 1017. [34] [34] .

遡ること前王の ルイ15世 ()の治世(位)。この時代の王室も負けず劣らずの浪費三昧で、ポンパドゥール公爵夫人()はその代表であった。夫人が没して5年後、デュ=バリー夫人()を寵愛したルイ15世は彼女を公妾にしたが、彼女は男性遍歴が多かったとされ、当時太子ルイ(のちのルイ16世)に嫁いでいたマリ=アントワネットから娼婦呼ばわりされ嫌われた。  ルイ15世はデュ=バリー夫人のこうした心痛を癒そうと、万リーブル(時価億円近く)の首飾りを注文した。個のダイヤモンドが大小にちりばめられたこの首飾りはすぐさま王室御用達の宝石商によって製作された。しかし予期せぬ事態が起こった。ルイ15世が急逝したのである()。このため発注はキャンセルされ、宝石商はこの高額な首飾りの買い手探しに難航していた。  宝石商はマリ=アントワネットに売り込んだ。彼女はダイヤモンドに目がなかったが、元来デュ=バリー夫人に贈る首飾りとして製作されたことがわかると買うのを躊躇し始めた。また万リーブルという高値もネックとなっていたため、宝石商はこの手の高額な商品は王妃となるマリ=アントワネットしか買えないと判断し、営業が破産するのを怖れて、それ以後も売り込みを絶えず行った。しかし直接彼女に説得するのは難しく、仲介を果たしてくれるブローカー的存在を探し続けていった。.

マリーアントワネット

ヴェルモン神父はアントワネットに宿題を課すことや、まとまった 講義 をすることは早々に諦め、脈絡のない会話をするしかなかった [23] 。フランス語については確実に進歩していったが、 知識 や 教養 は非常に心もとなかった [24] 。マリア・テレジアはアントワネットの性格を、次のように把握していた [25] 。. マリー・アントワネットとルイとの夫婦仲は、あまり良好ではなく、夫婦仲は冷めていた。マリーアントワネットとルイ16世の部屋を繋ぐ隠し通路があったものの、使われることはほとんどなかった。新婚生活は ラ・ミュエット宮殿 ( フランス語版 ) (現在の パリ16区 ラ・ミュエット地区 ( フランス語版 ) )でも送ったが、子どもが生まれず性生活を疑った母親 マリア・テレジア より、年4月、マリー・アントワネットの長兄 ヨーゼフ2世 がこの地の新婚夫妻のもとに遣わされ、夫妻それぞれの相談に応じた。翌年、結婚生活7年目にして待望の子ども マリー・テレーズ・シャルロット が生まれた。.

ただの向こう見ずな浪費家でしかないように語られる反面、自らのために城を建築したりもせず、宮廷内で貧困にある者のためのカンパを募ったり、子供らにおもちゃを我慢させたりもしていた。母親としてはいい母親であったようで [ 要出典 ] 、もともと ポンパドゥール夫人 のために建てられるも、完成直後に当人が死んで無人だった プチ・トリアノン宮殿 を与えられてからは、 王妃の村里 と、そこに家畜用の庭ないし農場を増設し、子供を育てながら家畜を眺める生活を送っていたという。. ヴァレンヌ逃亡事件 (年6月20日-21日) シャン・ド・マルスの虐殺 (年7月17日) ピルニッツ宣言 (年8月27日) 年憲法 (年9月3日) 立法議会 (年10月1日-年9月). ナポレオン・ボナパルト ド・カンバセレス ジャック=ルイ・ダヴィッド ジャン・ドブリー ( en ) ジョゼフ・フェッシュ シャルル・フランソワ・ルブラン フィリップ=アントワーヌ・メルラン・ド・ドゥーエー ( en ) ジョアシャン・ミュラ リュシアン・ボナパルト ジョゼフ・ボナパルト ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネ.

亡命貴族たちは革命に対して種々の挑発を行っていた [45] 。こうした行動を、アントワネットは非常に迷惑がった [45] 。彼女が亡命貴族たちと連携しているのではないかと革命家から疑われ、パリでの王家の評判が悪くなるからだった [45] 。. こうした中で、マリー・アントワネットと スウェーデン の貴族 アクセル・フォン・フェルセン伯爵 との浮き名が、宮廷ではもっぱらの噂となった。地味な人物である夫のルイ16世を見下しているところもあったという。ただしこれは彼女だけではなく大勢の貴族達の間にもそのような傾向は見られたらしい。一方、彼女は大貴族たちを無視し、彼女の寵に加われなかった貴族たちは、彼女とその寵臣をこぞって非難した。.

  • ウィキメディア・コモンズには、 マリー・アントワネット に関連するメディアがあります。. 第一次対仏大同盟 トゥーロン攻囲戦 (年9月18日-12月8日) ヴァンデの反乱 ネールウィンデンの戦い ファマールの戦い (年5月23日) サルデーニャ遠征 (年5月25日) カイザースラウテルンの戦い ( en ) マインツ包囲戦 ワッティニーの戦い ( en ) オンショオットの戦い ( en ) ベルガルド包囲戦 ペレストルトの戦い ( en ) 第一次ヴィサンブールの戦い ( en ) (年10月13日) トルイヤの戦い ( en ) 第二次ヴィサンブールの戦い ( en ) (年12月26日-27日).
  • 幼いマリー・アントワネットの 文学 ・ 歴史 ・ フランス語 ・フランス 風習 などの 教育 には、ヴェルモン 神父 が派遣されてきた [21] 。この33歳の神父は 博士号 を取得し、図書館 司書 でもあった [21] 。. ナビゲーション HOME 本サイトについて 参考文献 全話リスト 用語検索 陽 ひ 当たって精進.

en en en en en. [55] [55] [55] ? [12] [13] [12] [14] [14]. 19 Pardonnez-moi, monsieur. 10 16 17 18 1 en en en .

マリー・アントワネットのステータス

国家財政が危機的状態にあることは、ルイ16世即位当初から 政府 内では意識されていたが、ほとんどの人々はそうではなかった [38] 。アントワネットもその一人で、のちに. トリアノンの一連の工事事業には、 土木 ・ 造園 ・ 建築 関係業者に加え、一流の 芸術家 や優秀な 工芸 職人が大量動員された [34] 。その庭園の注意書きには、「国王の命により」ではなく、「王妃の命により」と書かれることになった [34] 。.

啓蒙運動 ボーマルシェ エドマンド・バーク アナカルシス・クローツ ( 英語版 ) シャルル=オーギュスト・ド・クーロン ピエール・クロード・フランソワ・ドヌー ( 英語版 ) ディドロ ベンジャミン・フランクリン トーマス・ジェファーソン アントワーヌ・ラヴォアジエ モンテスキュー トマス・ペイン ジャン=ジャック・ルソー ヴォルテール.

18 94 11321. 15 15 [5] [6]. [57] [57]. [41] ?

読書メーターについて

遺体はまず集団墓地となっていたマドレーヌ墓地 [注釈 1] に葬られた。のちに 王政復古 が到来すると、新しく国王となった ルイ18世 は私有地となっていた旧墓地 [注釈 2] を地権者から購入し、兄夫婦の遺体の捜索を命じた。その際、密かな王党派だった地権者が国王と王妃の遺体が埋葬された場所を植木で囲んでいたのが役に立った。発見されたマリー・アントワネットの亡骸はごく一部であったが、 年 1月21日 、歴代のフランス国王が眠る サン=ドニ大聖堂 に夫のルイ16世とともに改葬された。.

先代: マリー・レクザンスカ. ルイ16世の妃である マリ=アントワネット ()も浪費家として有名であった。彼女は ハプスブルク=ロートリンゲン家 から出たオーストリア皇帝 フランツ1世 (位)と、その妃 マリア=テレジア (。実際はマリアが主に統治)との間にできた末娘であったため、オーストリアと敵対するフランス国民からは疎まれていた。. そのため、君主権に「一般の国民」が異議を唱えることに関して、忌まわしいとアントワネットは思っていた [16] 。彼女にとって、国は特権階級の所有物であり、主権システムは「 人民主権 」ではなく「 君主主権 」でなければならず、ほかの人間や革命家が口を差し挟むこと自体が許せなかった [17] 。アントワネットからしてみれば、革命前の君主制が「正しきもの」であり、何としてでも革命を潰して、元の君主制へ回帰しようとした [17] 。.

このころベルタンは、アントワネットのために袖や長い裳裾を取り払った スリップドレス をデザインしている。.

  • 主要事件 年 屋根瓦の日 (年6月7日) ヴィジーユ会議 ( 英語版 ) (年7月21日).
  • ジャック・ピエール・ブリッソー エティエンヌ・クラヴィエール ( en ) コンドルセ シャルロット・コルデー エロー・ド・セシェル ( en ) ロラン・ド・ラ・プラティエール ロラン夫人 ジャン=バティスト・トレヤール ( en ) ピエール・ヴィクトリアン・ヴェルニヨ ベルトラン・バレール・ド・ヴューザック ( en ) ジェローム・ペティヨン・ド・ヴィルヌーヴ ( en ).
  • ヴェルダンの戦い ティオンヴィル包囲戦 ヴァルミーの戦い 王党派の反乱 ふくろう党 ( 英語版 ) ヴァンデ ドーフィネ リール包囲戦 マインツ包囲戦 ジュマップの戦い ナミュール包囲戦.
  • などと、細かい注意を伝えていた [27] 。しかしアントワネットは、.

[29].  "". 918128 523 525 en en en en en 1013 en en 122627. V"V""Voleuse"""  ! [ ] [ ]. 16 .

この検索結果をシェア

宝石商は代金を滞納する王室に対し、その側近に問い詰めたことで、ジャンヌは王妃とは"親友"ではないことがわかり、騙されたことが分かった。ロアン枢機卿も自身が会っていた王妃が別人であったこと、王室御用達で製作された首飾りを王室の無関係者に手渡してしたことに衝撃を受けると同時に、自身の夢である宰相への出世にも絶望感が走った。  そして、ジャンヌもまた同様である。騙し取った首飾りはばらで売って私財に換えてしまったが、詐欺が見抜かれた瞬間、彼女の野望であったヴァロワ家の再興は完全に打ち砕かれたのであった。. 国家財政が危機的状態にあることは、ルイ16世即位当初から 政府 内では意識されていたが、ほとんどの人々はそうではなかった [38] 。アントワネットもその一人で、のちに. と語っている。こうしたヴェルサイユ宮廷の人々は、従来の世の中がいつまでも続くと思っており、 既得権益 をさらに増大させようとしていた [38] 。.

[41]. [50] [50] [50] [51] .



人気の素材:

タイプミスを見つけましたか? テキストをハイライトして押します Ctrl + Enter.
  1. -
  2. -マリー アントワネット 名誉 回復

あなたのレビューを残します

コメントを追加

    0